スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガネのセキ
20050831211214
知ってる。
スポンサーサイト
爆心地
200508312112062
20050831211206
六十年前のあの日この空が、溶けた。
平和記念像
200508312109092
20050831210909
人が数え切れないほど死んだ場所でピースサイン。記念撮影。
この国はいつから平和の上に眠るようになったんだろうか。
きれいな水と噴水。
200508312048112
20050831204811
六十年前のあの日たくさん人が飛び込んで息絶えた。
平和
20050831204205
言葉は繰り返す度に少しずつ軽くなっていく。
愛と平和。
本当の意味が分からなくなった。
長崎原爆資料館
200508312036072
20050831203607
人間は簡単に人間をぶっ壊す。
全てが3秒のうちに起こった。
長崎
20050829195108
ちゃんぽんおいしかった。
ばとん
http://blog10.fc2.com/mhc100404/の鉄さんからまわってきましたんで。答えます。っても今船の上なんで結構適当です。

Q1コンピューターに入ってる音楽の容量は?

詳しくは覚えてないですがたいしてない。2ギガとかそんくらい。エロティックな動画が圧倒的にハードディスクを占めているため。

Q2今聞いてる曲。

こっこが復活してうれしいのでsinger songerばっか聞いてます。

Q3最後に買ったCD

レッチリのライブアルバム。

Q4よく聞くor特別な思い入れのある曲。

A1「くるり」「ハイウェイ」
「ジョゼと虎と魚たち」という映画が結構好きでその映画の曲です。とっても映画にあってます。

A2「ナンバーガール」「IGGY POP FAN CLUB」
ライブDVDの最後にかかるこの曲で泣いた。

A3「NIRVANA」「Lithium」
すごく鋭くてすごくせつない曲。

A4「真心ブラザーズ」「素晴らしきこの世界」
すごくエネルギーに溢れてる曲。

A5「磯野家」「放浪者」
最後に押尾学ばりの自画自賛。でも本当に好きだからしかたない。

Q5ばとん渡す人。
ちょっと今海の上だからな。とりあえずhttp://www7.ocn.ne.jp/~utopia/太田君頼むよ。
釜山四日目
パスポートを前の日のバス見学のときにバスに忘れていろいろな人にまたも迷惑かけてしまい今日は罰直。船に残る。
まあでも乗組員の人達としゃべったりカツ丼がうまかったりしてなかなか楽しいじゃあないか。

問題あるとすれば釜山でおみやげ買えなかったことか。みんなごめん。長崎でカステラ買ってく。
世界
20050829040023
きれいな海に佇む記念碑。明治四十年とかそのくらいに座礁した当時のうちの大学の実習船「快鷹丸」の記念碑である。
技官一人と学生三人が亡くなったそうだ。
しかし当時の韓国の人が助けてくれなかったらもっと大変だったらしい。
当時の人達の親切に敬礼。
ただその後の市のお偉いさんの話はいけてなかった。というより俺の神経を大いに逆撫でする物だった。
「日韓交流」がどうとか「百年記念」とか。そんな事は別に大事な事じゃないんじゃあないか。
どうしていつも偉い人はやたらと意味をつけたがるんだろう。

ねえ君知ってる?このきれいな海は世界とつながってるんだぜ。

国境線なんてどこにもありゃしないんだ。
釜山二日目
200508290400222
20050829040022
水族館。変な人形が水槽にいた。他は特にはない。
それから海水浴場。一番有名なとこらしい。
韓国釜山
200508290400202
20050829040020
駅回りの風景。
生憎天気は雨。英語が全然通じなくて泣きそうになりました。
8月24日
海大荒れ。胃液通り越して膵液あるいは胆液のようなものが出る。同じワッチの人には本当に悪いことした。ごめん。
長崎五島列島
20050823161806
実は五島以上ある。
0時~4時見張り
20050820003006
碇泊中なので非常に暇。そこでチャートテイブル。なんか変。チャートテイブル。
というわけで
20050818175410
甲板に上がってみた。なんもないな。
揺れる
20050818175111
船のほの暗い底にある狭苦しいベットの中活字を読んでいたら気持ちがいささか参ったり滅入ったり致しましていい加減やめたい。じゃあやめればいいじゃないか、なんて言いますがなんとなれば自分は今時間を持て余している。
さっきまでは確かにベットの左隅っこを凝視したり、持参したCDを聞いて時間を潰していたんだがこれに飽きてしまった。
そういうことで自分は活字を読んでいるのだ。また気が滅入ったりするのだ。
大江戸線って名前どうかと思う。
20050818124207
やべーやべー。旅券忘れて家に取り行ってきました。出航ギリだぜ。
まあそんなこと言いながらブログ更新してる俺が一番やべー。
ありがとう
モバイル更新一回目。乗船の見送りに来てくれてみんなありがとう!なんかちょっとあれ恥ずかしいかと思ったけどやっぱり普通にうれしいもんだ。
それから差し入れもうれしかった。毎日鏡見て女物の下着はいて99ショップのCD聞いてにんにくと豆腐食って心の垢を落とします。このやろう。
オチル ハナ イキル
本語は時々はっとするくらい美しいと思う。そんな美しさを感じる度に日本人であることを誇りに思う。

そのうちの一つ「落花生」という言葉がある。いわゆる「ピーナッツ」である。

「落花生」はきれいな言葉と思う。花が落ちた後生きるもの。後の世代へ「生」を受け継ぐものという事がこの3文字から読み取れる。

それに引き換え「ピーナッツ」はどうだ。日本語訳したら「豆豆」見たいな感じか。実に色気がない。素っ気ない。

「ザ・ピーナッツ」は「ザ・落花生」にしたほうが売れたと思うのは俺だけか。
16日
まり明日から一ヶ月間の航海に行くわけなんですが今日支度していてあまりにも荷物が少なくてびっくりした。まあこんなもんか。

昔から旅に大荷物で行くのは嫌いなので仕方ない。というか大荷物で行く人の気が知れない。あのーなんだ孤島に行くわけじゃないんだよ。今の時代コンビニあるしねえ。

でもCDと文庫本の数が異常に多そうなので人のことは言えないか。

一応ケータイで更新が可能なようなので電波が通じれば更新しようと思います。
夏音速零伍
この文章を書けているということは外からモバイル更新、なんて洒落たことをやってるわけでもなく。野手のゴーストライターがいるわけでもなく。ただ単純に二日目のチケットが売り切れだったという結論であるわけなんだけども。あーoasisとWEEZER見たかったなあ。

まあそんな終わったことをくよくよ悩んでも仕方ないわけなので昨日のライブをくよくよ振り返ってみようと思う。

まず「髭」を見に行った。知らないバンドなのに見に行ったのはホームページがサイケだったから。感想はうーん演奏が弱いような。特にツインドラムなんだがツインである意味が分からん。

次はとりあえず俺等的メインであるZAZEN BOYSビークルでいいポジションを確保のためしばし休憩。モニターでオレンジレンジを見る。音がひどいなー。とか言ってた。

そうして前のバンドが最後の曲をやっとる最中から会場に入ってスタンバってたのになかなか始まらない。30分たっても始まらない。ほいだらスタッフが出てきて「入場規制で一時中止します」とか言いやがった。もうこれにはみんなぶち切れでもう暴動寸前といった感じだったんだがこういう場で切れる奴はカルシウムが足りてないか、ただのガキかどっちかなんでこらえて再開の情報を聞く。再開は3時50分。MAD CAPSULEが始まってしまう。テンションだだ下がり。

でも待たされたこともあってZAZENのステージは最高。一曲目の「開戦前夜」からブチギレル。いつの間にか終わる。もっと聞きたい。

そうしてビークル。やはり最高。はしゃぎすぎて生爪剥がす。ライブにサンダルで来てはいけない。足が血まみれ。といってもライブ最中は脳内エンドルフィンが多量に分泌されていたようで全く気づかなかった。ステージの後仕方なく救護室へ。消毒ばんそこうもらう。

スリップノットへ移動。前に行って暴れたかったが怪我のため無理。いやーでもやっぱりファーストの曲が一番盛り上がるよな。と思いつつメインのナインインチネイルズは別に好きじゃないんで帰った。

今回はトラブルのせいで体力をいらんとこで消費してしまいあんまり見れなかった。一番覚えてるのは救護室に骨折してる客がいて、たかが爪剥がしただけの俺の扱いが適当だったことか。なんか「そのくらいで来るなよ」的な目で見られた。いやおまえこっからばい菌入って足が腐ったらどうすんだよ!
ちょっと
ウパった。んでもう一回日記書きます。

森山直太朗という歌手がいますね。彼の声を聞くと笑ってしまうんですよね。

「ホンァー」とか「フンァー」とか

言うじゃないですか。もう面白くて仕方ない。

まあそれだけなんですけどね。
サマソニ
ってきます。
ブロガー
近ブログをやってる人が多くなってきた。ホームページをわざわざ作るより気軽に出来るし、写真も載せることが出来るし、有名な芸能人とかもブログやっていてブログ人口が増えた。

まあよいことである。むかーし知り合ったけど連絡先を教えないで別れて「どうしてるかなあ」と思ってたらブログ発見!オレだよ!オレオレ!(詐欺)

ってな感じで感動の再開なんていうこともあるかもしれない。それにこないだMIXIで知り合ったカップルが結婚!なんて話題もあったし。良いことじゃないか。

しかし、ブログをやっている人のことをブロガーと呼ぶのはどうだ。なんかいやだ。ブロガー。響きが悪い。

大体においてブログ自体がweb+logからできた和製英語である。それにさらにerまでつけちゃってなんというか和製和製英語みたいな様相である。汚い言語。まるでオレンジレンジみたいだ。と思ったり。

というわけで俺はブロガーとか友達が言ってたら「うわ!お前オレンジレンジ!オレンジレンジ!」と冷やかしてやろうと思ってる。




変人扱いされるのが関の山か…。
奇跡という必然
敬する人物の一人に車椅子の天才と呼ばれる「スティーブン・ホーキング博士」がいる。彼の著書「ホーキング宇宙を語る」はこの手の本の中ではダントツに面白い。

んでまあ昨日の話。夜勤が非常に品物が多くて億劫だったもんで最後のほうには記憶が妄想に変わりそうになって俺は迷走、ってな具合だった。んで余計なことを余計に考えた。そこで出てきたのが「奇跡という必然」である。

「君に出会うために僕は生まれてきた。」

別に月9のドラマ(といっても殆んど見たことないけど)のような恋愛話をしようってわけではなくて、寧ろもっと大きな宇宙的、ともすれば宗教的、な概念の上での話。これは真実である。

最初に書いたホーキングの著書に出てくるのだが、最近の理論だと、どうやら「宇宙」というのは一つじゃないと考えるのが妥当であるようだ。つまり平行して走る宇宙「パラレル・ワールド」はSFではなくて事実存在する。

だからある男がある両親から生まれて、ある女と出会う。というのは非常に奇跡的な確率でありながら同時にそういう宇宙にある必然なのだ。

まるで「鶏が先か雛が先か」みたいな理論で騙されてるみたいだけどこれが現時点の物理学らしい。つまり何も分かっちゃいない気がする。

同じような話で俺らの宇宙がどうして三次元(+時間で四次元)なのか?という話題でも

「一次元、二次元の宇宙は存在するけれどそこにそれを知覚するほど知能の発達した生物が誕生しなかったから。」

だそうだ。まるでデカルトの「コギト・エルゴ・スム」(我思う故に我あり)みたいだ。実にうまくはぐらかされてるような気がする。

でもこれはとても面白いと思う。だから運命やら奇跡やらなんら大げさなことではない。これから女の子にはどんどんこういう歯の浮くような台詞を吐いていきたい。





それが出来ない必然があるようだけど。
ローレライ
が読売新聞でもらう映画のタダ券をくれたんだけど「よく見たらこれって今日までやん!」

てなわけで映画を見てきた。ローレライいやーいろんな意味で薄っぺらな映画で苦笑いが止まらなかった。まあこれから見る人もいると思うのであまりネタばらしはしません。

とりあえず艦長の役所広司が格好つけすぎ、決め台詞言いすぎ。

まあアニメ世代の人たちに受ける戦争映画って感じですかね。エヴァンゲリオンやガンダムの設定に近いとこもあります。だからリアリティは限りなくゼロに近いです。戦争なのに全く血の匂いがしないというか。原作読んでないんでなんともいえませんが。

今はやってる亡国のイージスもこんな感じなんですかね。

今日は8月6日。広島に原子爆弾が投下された日です。仮にも戦争に関係する映画を「エンターテイメント大作!」とか言ってもらいたくないけどな。まあそれを見に行ってる俺もアレだけど。
コミュニティ
ミュニティをMIXI内で作ったのだが登録する人も書き込む人もおらんのでどうしたもんかなあと思っているのである。

まあただでさえコメントをする人の少ない、絡みずらさには定評のある日記を書く俺が作ったコミュニティであるから、皆さん躊躇するのは分かりますが、実際の俺はちょっと考えられないくらいの好青年なのでまあ怖がらないでどんどん登録するといいと思う。

コンセプトは「自分のまじめさをアピールして褒めてもらいましょう!」と言うことです。

まじめじまん
自意識
人で歩くのがかっこええな、と思う。人間は一人で歩くべきだと思う。

何故にこんな事を言い出すかというと、昨日、品川界隈をウヲーキングアラウンドしている俺、いろいろと見苦しい会社人もとい社会人を見かけたのである。具体的には酔っ払って広がって歩く奴ら。女子社員の気を引こうとする中年社員など。

大体において俺はこの「社会人」という言葉も嫌いだ。「社会人」なんてーのは確かに立派なのかもしれない。金稼いで、飯食って、風呂入って、「さあ明日も頑張るか。しかしあの部長のやろうだきゃあ。腹に2,3発ブローをお見舞いして怯んだ所を逆さ吊りにしてスルメにしてやらんと気がすまん。」とか愚痴言って、しかし取り澄まして次の日はまた「ぶちょー。おはようごぜえます。」なんて言う。なかなか出来る芸当ではない。

でもこれだけは言えるのは、「社会人」は「社会」に依っているということだ。「社会人」は「社会」がなくなった瞬間、まあその時点で「社会人」はいなくなるんだが、死ぬ。

北斗の拳で言うところの「水よこせー!アヒャヒャヒャhy!」と虐げられる人々。じじいになったら「この種もみには明日が!」とか言ってる奴で、まあすぐぶっ殺される。

自立、出来ていない。まあこんな事をまだ学生やって実家で遊んで暮らしておる放蕩者の俺に大いに言われたくないだろうが。「ていうかまず貴様が自立しろや!」と言われてしまうだろうが。

で、話戻ってこの品川界隈午後十時頃の社会人実に見苦しい。普段の鬱憤がたまっているのだから仕方がないかも知れんがそういうのは仲間内だけでやってくれ。社会に依って生きてるんだったらなおさら社会のルールってやつは守れ。

しかもそんな難しいことを言ってるわけじゃない。横に広がって歩くな。と言ってるだけだ。後ろの人が、つまるところ俺が、実に迷惑だ。そしてまたこの俺、男の下心を取り繕ううわべトークって奴を見るのが嫌でたまらない。もうやめてくれ。気持ち悪い。

人間は、一人で、とぼとぼと歩く姿が一番美しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。