スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月4日ライブ
うやって改めて歌詞を書いていってみるとなんだ、なにが言いたいのだ。と、自問自答が始まりそうになる。なんか自分と向き合っているということなんだよなあ。今日は「青空」。

「青空」

魂のきれいな人になりたいよ心からそう思うよ
それは胸の奥底にこびりついて離れないロケンローみたいにかっこいいことなのさ
さあ行こうぶかぶかのブーツとでっかいリュックサックしょって
あの誰も見たことないような抜けるような青空を探しに旅立つのさ

君はなんのため生きるの?
なんで笑ってるの?
ああもう毎日は当たり前のように過ぎてくのに当たり前のことが当たり前に分からないよ

誰かが誰かを愛してる
誰もが青空を探してる
この雨がいつの日か止んだとき
あの空に虹がかかるのかい

それでも生きてくことはとても難しいこと人を殺したいほど憎むこともあるでしょう
それでも世界中の全ての罪がいつか許せる日が来ると信じていたいんだ

俺はなんのため歌うの?
なんで泣いているの?
ああもう毎日は当たり前のように過ぎてくのに当たり前のことが当たり前に分からないよ

誰かが誰かを信じてる
誰もが青空を探してる
たとえ世界が全てを裏切っても
あの空に虹はかかるのだろう



「愛」というものを世界の中心で叫びたくなったときに作った曲です。バラードです。珍しい。んで歌詞がクサい。まあいいです。愛だから。
ブカブカブーツはなんかハイロウズかなんかからぱくった。
あともしもこの曲のCDを出すとしたらジャケは「蒼井そら」が女子高生のコスプレをしてる写真がいいと思っている。

感動的な歌の筈なのに台無し。
スポンサーサイト
10月4日ライブ
いうわけで順調に歌詞を公開しております。今日は「世界」

「世界」

よーチェケラ此処東京から世界へ向けてのメッセージ
最初から最後までぶっ飛ばすからeverybody聞いてくれ最後まで
NO内エンドルフィンのリミッターをぶち飛ばして
High tensionとemotionで起こすmusical revolution

(Bメロは気分的なもの)

I am just singing a rock'n'roll song
くだらねえこと考えないで一つになれりゃいいさ
I am just singing a rock'n'roll song
世界の裏っかわまで鳴り響け

国境とか宗教とか人種とか民族とか関係ねえ
全ての愛すべきロックンローラー達に送るぜ
俺は今此処で叫ぶ誇り高く何もかも捨てて
たった一つ伝えたいのは簡単で単純なメッセージ




よーチェケラで始まる馬鹿っぽい曲。

あああBメロはいっつも適当なんですよね。っつーか今考えたとこも多いし。この曲はラップ調なんですが韻を全然踏んでません。意図的です。うそです。技術がないからです。大幅にカットしてますがこの後Bメロ→サビ→ソロ→サビといつものように馬鹿の一つ覚えの展開をします。
目白マックいん
ックオフというと自分の中では目白店である。その理由の一つに目白の町並みが好きで、ブックオフに向かう道中、歩いてて楽しいというのがある(たかが一分程度だが)。自分の家に帰るだけであればこの駅はスルーして池袋だが、ついつい(ぶらり)途中下車したくなる。そして今日もした。

そうしてブックオフへ。当初、町田康の「猫にかまけて」を買おうと思ったのだがないので、前にバイト先でパクられた「きれぎれ」を買った。

そうして、さあ腹も減ったし一つマクドナルドにでも寄っていきますかい。おや月見バーガーのセットがあるな、こいつで卵アレルギーの奴の顔をはさんだらブツブツができてブ月見バーガーだ。うひひひひ。ブ月見バーガー。うひ。

とか考えながら、やけに顔の黒い中東諸国の人にしか見えん風貌の、しかし日本人の、藤沢さんとかいう店員から月見チーズバーガーセットを受け取り二階の客席に上がった。

その瞬間、愕然となる。客席に「今ちょっとストーカーしてきました」っていう感じの非常に残念なツラをした男子数人、とその向かいに「時代背景が平安時代とかだったら美人顔」みたいなやはり残念なツラの女子数人が楽しそうに旅行の計画かなんかを立てている集団がいたからだ。

ヤバイヤバイこのような奴らに俺のマックでの優雅なひと時(主にポテトを五本ぐらい一気に食ってマハラジャ気分とかそういうひと時)を邪魔されてたまるかと思い端っこの席に行こうとしてまた愕然。

「そこら中に似たような集団がいる。」

ジョジョならばゴゴゴゴゴという効果音が入るところである。事実、新手のスタンド攻撃かと思った。意味が分からない。なんでこいつらはこんなとこで合コン的ディスカッションをしとるのかと。しかもなんでそろいもそろってツラが残念なのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

しかし、月見チーズバーガーはさっさと食いたい。ええい、ここは背に腹は変えられん。ということで適当な席に着いた。

そうしたら斜め向かいの女がオーバーリアクションで男の気を引こうとするうわべトークを始めてそれがさも面白いかのように笑う男共、俺は奴らの性交を思い浮かべてしまって吐き気をもよおしながら月見チーズバーガーをかきこんだ。

俺のマックでの優雅なひと時は奴らの手によって汚されたのであった。
10月4日ライブ
いうわけで引き続き歌詞を公開します。覚えて一緒に歌ってくださいとか言ってみたいな。いや言おう。覚えて一緒に歌ってください。若しくは俺の代わりにボーカルやってください。

「拝啓、カート・コバーン」

Helloカート天国の様子はどうだい?
ここは君がIn Bloomで歌ったみたいなくだらねえ奴らで溢れてんのさ
でも俺はショットガンくわえて頭をトマトにしちまうような
そんな気持ちはさらさらねえんだ歌いたいことがたくさんあるのさ

イエーイエーイエー今命を言葉に代えて叫んでやるんだ
オーオーオー突き刺されくだらねえ奴らの脳髄に

くだらねえ個人主義と自由が跋扈するこのくだらねえ国家に
今たたきつける俺の言葉世界が狂っちまう前に

Helloカート天国は君のロケンローで溢れてんのかい?
それなら今すぐにでもそっちに逝っちまいたいもんだ
でも俺はまだ死ねないんだ頭の底を揺さぶってる
ナマリのでかい塊が俺を叫べと蹴っ飛ばしてる

イエーイエーイエー今命を言葉に代えて叫んでやる
オーオーオー突き刺されくだらねえ奴らの脳髄に

くだらねえ個人主義と自由が跋扈するこのくだらねえ国家に
今たたきつける俺の言葉世界が狂っちまう前に



傲慢な歌と思います。真心ブラザーズに「拝啓、ジョン・レノン」って名曲があって題名はそれをパクリました。「くだらねえ」言い過ぎ。

ライブでやるときはいつも異常なテンションになる曲なので時々歌詞が滅茶苦茶になります。
ぐりぐりと
20050925005708
日は行きつけの美容院に行ってカットのついでにスキャルプエステとかいうのをやってもらった。物の本によると「毛穴の老廃物を取り除きマッサージにより血行をよくします」だそうだ。「髪に張りが出ますよー」なんて言われたんだけど、どうも変化がないような…。「いやいやほらすごいですよ髪が輝いてるじゃないすか」そうですか「そうですよ」まあいいや。千円引きだったし。

ここの美容師さんは、とてもロックに詳しくていつも話が絶えない。有線には、いつも60年代くらいのブルース、ロックのチャンネルが入っていて当人も昔バンドでベースを弾いていたことがあったそうだ。いいなあ。面白いおっさんだ。いつも髪切ってもまたすぐに切りに行きたくなってしまうんですよね。

髪切った後は池袋にマウスを買いに行きました。最近マウスの利きが悪くてムカついて放り投げるという事態に陥ったことが何回もあったので。ついに買い換えることにしました。そうしてビックカメラにいって驚きました。今マウスってコードレスが主流なんですね。コードレスマウス買って来ましたよ。真ん中にトラックボールなんてついてましてね。ちょっとイヤラシイ感じです。まあ具体的にどうイヤラシイかと説明すると俺の人格を疑う人がいると思うんで言いませんが。無駄にグリグリしてます。感度がとてもいいです。ちょっと噛んでみたりします。うそです。
10月4日ライブ
っかりしていた。実に迂闊だ。イベントに期待を膨らませすぎていてその前に二回ライブやるの忘れてた。というわけでライブ告知。

10月4日池袋アダム

まあ詳しいことは磯野家のページでも見てやってください。音源も載ってます。

この前その磯野家のページに載ってた「帰れ」という音源について、ダウンロードして聞いてくれた人達と話してたんですが、この音源、俺が二番の歌いだしの歌詞を忘れてなんか変な風に歌ってるんですわ。

それでまあ「気づいた?」なんて聞いてみたんですけど誰一人として気づいてなかったんですよね。なんだかほっとしたようなちょっとショックなような気がしました。

でもあれだ一応歌詞は自分の中でかなり大事なポジションを占めているし、みんなに知ってもらいたい。と思うので次のライブでやる曲の歌詞を今日から一曲づつ書いてみよう思います。では一曲目

「炭酸水」

なんだかめんどくさくなってきた全部だよ全部
ひっくり返って漫画を読んでいたいんだ
くだらねえ連中は俺の頭をグシャグシャにして
このまんまじゃあ俺は屍になっちまうぜ

青色に突き抜ける空を見てはよみがえる
とりあえず今は目の前の仕事をやっつけろ

Rock'n'roll soda bop baby一瞬ではじけとんだ
ソーダの粒みたいに君の頭をぐらぐら揺らそう

メンソールのタバコが好きだとか取り留めない会話は続くけど
ひっくり返って漫画を読んでいたいんだ
心はとっくのとうにシルクロードあたりにいるのに
体は東京で反復運動させるだけ

青色に突き抜ける空を見てはよみがえる
とりあえず今は目の前の仕事をやっつけろ

Rock'n'roll soda bop baby一瞬ではじけとんだ
ソーダの粒みたいに君の頭をぐらぐら揺らそう



この後ギターソロあってまたサビがあって終わりです。この歌はコンビニの夜勤のバイト中に考えた歌詞でして、なかなか良くできてるんじゃないか?と自分では思ってます。当時シルクロードに行きたかった。

サビのRock'n'roll soda bop babyはなんとなく出てきた歌詞で特に意味はない。それからてる君が「一瞬で」を「一升瓶」と聞き間違えていてまあそれもかっこいいな。と思った。
自己矛盾
分がきれいな心を持っているような気がするときもあるし、汚くてどうしようもないような気もする。

自分がわりと頭が良いような気もするし、ただの馬鹿のような気もする。

あの人のことが好きでたまらないような気もするし、でもまあどうでも良いような気がする。

生きるのはつまらないような気もするし、面白いような気もする。

愛と叫びたくなるような気もするし、そんなもんはくだらないと言いたくなる気もする。

不安でしかたないような気もするし、なんとかなるような気もする。

そんな感じで生きてるような気もするし、死んでても大して変わらないような気もする。
TSUTAYA
の側のTSUTAYAは火曜日にレンタル半額になるため秋の夜長のお供には欠かせない。まあ別に夏でも冬でも借りに行くからあんまし関係ないけど。

当然今日もレンタルしに行ったんですけどやたら混んでましてね。

「この貧乏人どもが!他にやることねーのかよ?」

と自分のことを棚に上げて思っていたわけです。

しかしまあ仕方ないんで長蛇の列のレジにフォーク並びしてたら真ん中の女の子が新人で見たことない子だったんですね。というのも俺はこのTSUTAYAはほぼ毎週来てて店員の顔を大体覚えてしまっていたからすぐ分かったんですよ。で、俺の番が来てその子にレジ打ってもらったんです。

会計が済むまでは別段気にならなかったんですけど会計になってその子が「1200円です」と言って俺は10200円払ったんです。

そうしたらその子が200円を見落としそうになったんです。まあすぐ気づいたんですけどそこは別段どうでも良くて、その俺が出した200円に気づいた瞬間に「やべっ」って感じでちょっと笑ったんですよ。んで俺はその顔見て今流行の

「萌え」

と思いました。っつーか別段かわいい子でもないんですけどそう思いました。どうやら俺はおっちょこちょいな人にグッとくるみたいです。










その笑顔を見た瞬間「素人コギャルHEAVENは借りるのやめれば良かった。」と思ったのは言うまでもありません。
NO MUSIC NO LIFE
あそんなん言われましてもなんというか。はっきり言って俺はNO MUSIC NO LIFEなんていう奴は信用しない。いや確かにね音楽は好きですけど。「それなしで生きていけないか?」と聞かれたら「まあ、何とかなると思います。」と少し伏し目がちに答えざるをえない。

というか寧ろNO MUSICで暮らせる人なんているんですかね?今の時代何処に言ったって音楽であふれてる。コンビにもスーパーも。音楽を聞かずに暮らすことは事実上不可能でしょう。それをなんか偉そうにかっこつけてNO MUSIC NO LIFEなんて言われてもねえ?「いや当たり前だし。」と言わざるをえない。

時々ね気が狂いそうになるんです。ちっともいいと思わないものが世界にはあふれてるから。なんでみんなあんなにつまらないものを大事にしてるんだろう?ってね。

それでまあ何が言いたいかっちゅうとね。このたび俺のバンド磯野家がイベントやるんです。詳細はまだまだ決まってないとこもあるんですけど日時と場所は

11月21日(月)新宿ウルガ

になりました。まだ先の話だけど初企画だしもう俺のわくわく具合が頂点に達しそうなんですよ。絶対楽しい企画にしてやるのでぜひともご来場しやがりください。
鉄メン
イブに行ってきました。サイケデリックプログレファンクコアなバンド鉄とメンタルヘルスケアです。ジャンルもバンド名もわけ分かりません。

前に見たときよりも格段に良くなっておりました。特にボーカルの鉄さんが。気がつくとボーカルばかり聞いていました。うん。うまいなあ。

うちのバンドとは少し違う感じですけどとても刺激になった。

対バンもいろいろなジャンルでとても楽しいライブだったなあ。よし。テレビでもみよう。
帰りました
わりよければ全てよし。なんて昔の人はうまい事言ったみたいですがね、こりゃああれだ、逆に考えると終わりが悪ければ全て悪いって事なんじゃあないか。

というのも14日の出来事である。この日はついに東京港に帰ってきて、無機質なビル群やゴミの浮遊する海水面なぞ見て、ああ俺は東京に帰ってきた、懐かしいけどこのモダーンな街に懐かしいなんて言葉は果たして?なんてどうにも矛盾した懐かしさにいっぱいの俺。ってな具合でまあつまりもうこの航海も終わりだと思っていたんですわ。

でもここで忘れてならないのは終了試験というのがあることだ。そりゃあこの一ヶ月間は伊達に船乗って、韓国釜山行って、罰直食らって港でワイヤーの束が積まれていくのを見ながら「あれでフラフープやったら重いだろうな」とつぶやいたり、長埼の見知らぬジャズバーで飛び入りでドラムをたたいたらベースが鬼のように下手糞で参ったり、大阪で最後のほうは金が殆んどなくなって朝から晩までブックオフで「グラップラー刃牙」を延々四時間くらい立ち読みしたりしてた。わけではなくて、その、一応大学の定める実習であり、単位ももらえるのだ。試験があるのは当たり前といえば当たり前だ。

でも俺の嫌いな言葉の一つに「勉強」という言葉があるわけで。まあ当然嫌いなことはしないわけで。三つあるテスト全部落としてレポート、追試を受けることを余儀なくされた。

これにはいささか参った。次々と清々しい顔をして「お疲れ様」などとのたまいながら下船していく俺の船メイト(クラスメイトみたいな感じで)を横目に、俺たち追試集団は大阪で工場見学の際にもらった古野電気の紙袋にプリントやファイルを詰め込んで寝不足で重いまぶたをこすりながら「ふざけやがって」とかぶつぶつと呪いの言葉をつぶやいている。っつうか限界だ。終わり全くよろしくない。

でもまあそんな追試も無事終わってみるとなかなかいい思い出だったんじゃないかと思える。一ヶ月いろいろあって最後までグダグダ感が否めないけれど楽しかった。みんなありがとう。
手打ちうどんあたりや
200509091236062
うどんか当たり屋か本業をはっきりしてほしい。
大阪
20050909123606
側の小高い丘に立って。
イキミ薬局
20050906003013
大阪。俺はまあ妊娠はしない。
ノマ内科
20050906003005
大阪。内科に飲みに誘われた。
ピストルズ
20050906002709
シット!志度湾に錨泊。
っつーかケータイでコメントすると変な文字化けみたいのが入って怖いんでやめた。
瀬戸大橋
20050904194805
人間はこーんなでっけーもん作っちまうからすごいなあ。
なんていうか
20050901225410
時々自分がものすごく嫌いになる。そうなると比例して周りの人間も嫌いになる。そうなるともう誰かの会話が聞こえるだけで嫌になる。
共同生活には向いてないなとつくづく思う。
今日星は見えない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。