スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブ
えー昨日ライブやったんですよ。解散ライブ。というか太田脱退ライブ。出来はまあまあだったんですが対バンがやばい事になっててFUJIROCK出演バンドが二つも!

いやーかっこよかった。別に俺ら解散とかどうでもよくなったからね。やっぱりロックしてるわ。見習わねばと思った。

そして次はブッキングの人のはからいでアダムで一人で弾き語り!をやることに。

あの俺コード四つくらいしかしらんのですが。大丈夫かよ。

日程は三月十三日アダムです。俺の死に様が見たいという奇特な人は来て下さい。

あともう一つお知らせで太田脱退の後にまたやるバンドの名前が富士山システムになりました。それは四月に旗揚げライブします。
スポンサーサイト
明日
イブします。アット池袋アダム。いその家はこれで最後のライブになります。いろいろあったけれど楽しかった。

次は4月に新宿で新しいバンドを旗揚げするつもりです。
B型
近の韓流ブームって奴の流れでB型の彼氏とか言う映画が流行ってるそうだ。

ストーリーはA型の女がB型の男に恋して振り回されるというなんだかすごくつまらなそうな映画であるんだけど、世間的に見てやっぱりB型は自己中と思われているようだ。

これには大いに異議がある。というのも自分がB型だからだ。

元々血液型というのは赤血球の表面にある抗原の違いだけで、こんなものでその人の性格や人格なんかが決まるはずはない。事実、俺というB型は人に気を使ってることは多いしなんというかもうふざけんな。

すいません。取り乱しましたが実は俺、初対面の人に血液型を当てられる確立が非常に高い。いつも

「B型でしょ?やっぱりー。」

とか言われる。何が「やっぱりー」だ。だぼが。しかし言い当てられるとその度に

「何か?するってえと俺は矢張り自己中な行動や言動が多いいということか?」

と少し悩む。いやいやこの時点で俺はB型=自己中の暗示にかけられている。そんなくだらない人間にならんぞ。俺を型にはめようとしても無駄無駄無駄無駄ァァァ!とDIOみたいになった。

大体において日本人、あるいは全人類に言えるのか知れんけど、みんな型にはまりたがりすぎである。あるいははめたがりすぎである。

音楽においてもそれは言えて、ことメタル音楽などは「インダストリアル系」とか「スラッシュ系」とか「北欧系」とかもうそれはそれは意味の分からんことになっているわけで。

要は分かり易く分類しようとしたら逆に分かりづらくなってしまったという例だと思う。音楽は「いい」か「悪い」で分ければいいだけでそれ以外はなんもいらんのである。

だから人間も「血液型」なんて言うからややこしくなるのであって「好き」か「嫌い」で分ければいいのである。とまあこんな事を言うと

「そんなことを書いてる貴様は矢張りB型だ。」

なんて思う人がいるかもしれない。やれやれ勝手にしてくれ。
日本語
分のブログに致命的な弱点があるとするのなら語尾が敬語なのか敬語でないのか統一しないということだろう。いきなり「何とかなんです」と書いたり「何とかである」と書いたりする。これはアホらしいのでなおして行きたいと思うところである。

別にブログに弱点もクソもねえが。
NHKBS
レビをめったに見ない自分ですがこの間NHKBSでやっていたデボラ・ウインガーという人のインタビューがとても面白かった。

実を言うと自分はこの人のことを全く知らなかった。テレビをなんとなくつけたら出ていた人という感じだ。しかし見てるうちに引き込まれた。

まずこの人の語り口調がとてもきれいで使う言葉も小洒落ている。喋る度に知性がにじみ出る感じといえば分かるだろうか。そして美人である。年は40代中ごろといった感じですが年相応にとても魅力的なのです。いいなあ。こういう大人になりたいなあ。

後で調べてみたところによるとこの人はハリウッドの名女優で「愛と青春の旅立ち」とかその辺の映画に出てるそうです。チェックする必要があるなあ。
諸々ありまして
ばらくの間家に帰っていなかったんです。けどまあブログは電話で更新しようと試みたわけですが帰って見てビックリ。写真が規格外の訳分からんサイズになってるじゃないですか。これじゃあダメだ。

というわけで元のサイズにもどしました。そのときに間違えていくつか写真を消してしまいました。あわわわわ。

ドジっ子を気取って萌えキャラ的ポストを手に入れろ!

ま、それはおいといて、ね。最近の話なんですが例のごとく就職活動という名の、社会に俺という人間の品定めをされる儀式、に精を出しておりました。なんていうかもうやめたい。

それもこれも会社説明会と思って行ったらいきなり一分間スピーチしろとか言われてテンパって、斜め前の女が

「私は学生時代友達百人できました!」

とかいうトンデモスピーチを堂々としてみんなが呆然として。自分の番が近づいてくるにしたがって

「ススススゥゥゥゥピピピピーチィィィィって何ですか?ナマコの一種ですか?食えますか?」

みたいになって結局何をしゃべったか全く覚えとらん。それでまあ昨日次の選考に進める人に連絡来るらしかったんですけど。ですけど。電話来なかったんですよねえ。あれえどうしたのかな?

こんなことなら一分間で一人ZAZEN BOYSでもやればよかった。「ハァーざっくりざっくり。った。」
大井町

四次元は意外に近くにある。とかそんな話。
マサルの家

立会川のリヴァーフロントに佇む布をかぶった建物。因みにフランス料理屋でした。
最近気に入っているもの
マカダミアナッツのホワイトチョコ。
えびちゃん。マジかわいい。
くるりの新しいの。
マーク・ロマネック監督のプロモ。
エターナル・サンシャインという映画が気になってる。
コーンのニューアルバム買うべきかな。
ロッキング・オン。
魚の目の話。
ラルク・アン・シエルのベースライン。
中島らもの自伝。
ヒキタクニオ。
ザゼンの新しいの。
暴力的な衝動。
つまらん他人のプライベート。
サピオ。
その他もろもろ。
不幸中毒
代の日本において飢えて死んでいく人は殆んどいないだろう。ホームレスの人々だってそれなりに何とか食っていけるし保険制度も欧米ほどではないけどちゃんとしているほうだと思う。

早い話が日本という国の生活水準というものは世界的に見てかなり高いといえる。もっと言うと日本とは幸せな国である。ということだ。

そこで最近流行りだしたというかちょっと前から流行っているのが題名の「不幸中毒」という現象である。

不幸というものの基準は人によって違うし、何を持って不幸であると言うかは曖昧なところであると思うのだけれどこの「不幸中毒」の人達は「私は不幸だ」と人に見せびらかしたがる。そのため進んで不幸になりたがる。なぜなら不幸=カッコいいという図式が頭の中にあるからだ。

気持ちは少し分かる。人間「影」があった方が魅力的なものだ。こういう感情を逆手にとって金儲けしてる奴らがビジュアル系と言う奴だと思う。「普段は血飲んでる」とか言ってるやつね。でも本当は普段は吉牛でバイトしてたりしてね。

まあとにかく「不幸=カッコいい」というのはいいのだけれどこの手の人達はさらに同情をしろ。と言ってくる。それが面倒くさい。しかもなんだかプライドが高いのか知らんが回りくどく同情を求めてくるのだ。

リストカットとか自傷癖なんてこれの最たるもんで出血してる自分が美しいとかいいやがる。

俺に言わせると愚の骨頂である。つまり馬鹿である。こういう奴は本当は死にたくない。その証拠にリストカットで死んだ人は殆んどいない。まあ一部の特殊な状況を除いて。

最終的に何が言いたいかっつーと「甘えんな」と言うことだ。本当に不幸な人間はもっとたくさんいる。いや貴様自身が地球上で一番不幸だと思ったら確かにそうかもしれない。勘違いしてる人間は不幸だからな。馬鹿は罪だからな。でも回りに迷惑をかけんなよ。自分の中で消化しろよ。そのパワーを音楽にしたり文章にしたりすればいいじゃないか。

ネガティブなパワーはいつも人に伝播する。そのイメージだけで俺は吐き気がする。

俺は自分で言うのもなんだけど人間であるからやっぱり気にかかってしまう。死にたい奴は俺の見えないところで勝手に死んでくれ。
ほうら
から危険だって言ったのに。

米国産牛肉:吉野家が牛丼販売の再開を当面延期

まあ牛丼はまだ当分食べられなそうですね。コンビニで食えよ。

今日は雪が降りました。なんというかもう雪ごときではしゃいだりする歳でもないんですけど京急線の高架から見る白く染まった街を見てなんだか少し優しい気持ちになりました。

最近スネオヘアーの新しいアルバムばかり聞いているんですけどその景色を見ながら

Merry Christmas to meとhappy end

を聞いてました。二つとも失恋っぽい歌です。やっぱり歌は失恋の歌に限ります。

抱きしめて季節も変えてく程
押しつぶされそうな不安にさよなら
空は粉雪が舞い落ちて
騒がしい声も白く包む
後輩
日は後輩の関君の家から更新しています。鍋しました。鮟鱇鍋とサザエのつぼ焼きとししゃもを食いましたうまかった。

昨日はいその家のライブでした。アット新宿ウルガ。来てくださった人たち本当にありがとうございました。いその家もついに残すところあと一回のライブで解散です。っつってもまたやりますけど、ひとまず。

いままで曲がいいとかライブかっこいいとかほめてくれてライブにきてくれたりしてくれた人。本当にありがとう。もしかしてお世辞だったとしてもすごくうれしかったです。

俺はどうしようもない人間だけれど信じてついてきてくれたメンバー本当にありがとう。

そしてこれからもよろしくお願いします。
今さっき
ックかと思ったらイカ釣り船やん。というフレーズが面白くて頭に残ったんだけど書いてみたら全然面白くなかったんでさっさと寝ればよかった。
iPod
のニュース爆笑したんですけど

iPod、箱を開けたら謎の肉

シュールだなあ。なんか町田康の小説に出てきそう。なんかこんなことあったら怒るよりもまず大爆笑してしまうだろうなあ。
一日中
章を書いたり歌詞を書いたり映画のことを考えたり曲のベースラインを考えたりコード進行を変えてみたりしていたんだけど全部気に入らなくて消してしまった。こういう日もある。

何か作りたいのに何も来ない。こうなるとなんともならない。DVDを見てイメージを入れてもダメだ。

さっさと寝ると明日急に解決したりするときもある。でも起きてると急に来るときもある。分からない。

自分が人間であることがめんどくさいと思うのはこういうときだ。前向きに後ろ向きで分けが分からない。ドラムマガジンの中村達也のインタビューも読んでみたけどピンと来ない。

最近自分の文章がとてもつまらなくて困る。
これ
大で撮ってるように見えるんですけど。もしそうだとしたら負けたなあ。ああ、ガンダムネタが分からないとあまり面白くないかもれません。

3Dガンダム

これ出てる人がみんなオタク臭いんですけど会ってみたいんで知ってる人いたら教えてください。
ディレクターズレーベル
はりこのシリーズのDVDはとても好きだ。何よりまず素晴らしいイメージをもらえる。どの監督もミュージックビデオを「音楽のおまけ」じゃなくて「音楽をさらに優れた芸術」にするためにビデオを撮っているのが伝わる。

これを見るたびに日本のミュージックビデオの貧弱さを思い知る。というか日本は音楽自体も貧弱だから仕方がないのかもしれないけれど。

マーク・ロマネックという監督が「ロックンロールはエナジーだ」と言っているんだけどそのとおりだと思う。いつの日かこういうミュージックビデオ達に負けないようなエナジーに溢れた音楽を作ってやる。いや、今作ってやる。
耳の後ろがピクピクいってます。
イトの最後の給料をもらいに行って勢いでディレクターズレーベルの四本パックを買ってしまった。そしてスネオヘアーとフジファブリックも買ってしまった。二万円くらい使ってしまった。ショッキング。
自主制作映像
画を作ったので報告します。俺は学校をサボってこんなものばかり作っている大馬鹿野郎です。

自主制作映像
初歌い
日はスタジオで練習でした。久しぶりは楽しいなあ。

俺たちがいつも練習しているのは大井町のシブヤ楽器というスタジオで、大井町なのかシブヤなのかはっきりして欲しい次第なんですが今日行ったら三階が改装工事をしていた。儲かっているんだなあ。こんなしょぼいとこにあるのに。

ベースの太田君がマンガの世界に行ってしまうためいその家はあと二回で終わりですが、今度俺がベースボーカルをやって新体制でバンド続行することになりましたのでこれからもよろしくお願いします。

それでバンド名変えようと思うんですよね。何がいいかなあ。いい案がある人はぜひコメントくれし!売れそうな奴一つ頼むぜ!

今のところ俺が考えたの「suttoko-dokkoi」「yattara-mettara」英語のがいいかと思って。
エイヌ・エイチ・ケー
レビをつけたら「トップランナー」に阿部サダヲが出ていた。やべー普通にしゃべっていらっしゃる。
というかテンション低っ。こうやって見ると本当に好青年というやつだなあ。おもしろいなあ。

ああ全然関係ないんですが髪切りました。テレビは大嫌いです。うるさいから。
転機なんて言いますがね。
れはいつも俺にしてみるとなんだかはっきりしないんであるよなあ。っつうかそんなことは結構忘れてしまうことが多いよ。よく伝記でさ

「これに出会って私の人生が変わった。」

とかそういう話あると思うんだけど、多分それは後付けの話で出会おうが出会わなおうがすごい人はきっとすごいことやってるしね。何が言いたいのか自分でもよく分からなくなってきましたけど。

関係ないんですが最近俺は自分に似てる人のことが嫌いなんだということに気が付いた。

関係ないんですが最近俺は自分の家族に似てる人のことが嫌いなんだということに気が付いた。

関係ないんですが…。

早くしないといけないよなあ。
映画
んとかかんとかいじってたらこんな時間に。眠い。ネットにアップ、画質落とせばいけるのかもしれない。でもやり方わかんない。でもそもそも見たい奴いるのかわかんない。というか多分いない。

ミクシーのプロフィールって一度見ちゃうとあんまり見ないですよね。なので最近一言シリーズと称してプロフのところに一言ネタをもりこんでみていたんだけれど一言ネタって難しいですよね。もうネタ切れかもなあ。
現実あきらめませんか?
日、昼寝をしていたら「現実あきらめませんか」と書いてある名刺みたいな紙を新宿駅前で配っていてそれをもらう、という夢を見た。なんだかそういう映画が撮りたくなった。

先日作成していた短編映画が完成したんですがネットにアップするのは無理みたいです。DVDに焼いて仲間内で楽しむことにします。
強制寝正月
いうわけでカウントダウンジャパンが終わって急に風邪を引いてしまいました。頭がおかしくなってます若干。まあいつものことですね。全ての現実から逃避したい気分。
一人DE会話
俺「あーうんこしたいな。」
俺「してくりゃあいいじゃん。」
俺「布団から出るの寒くてやなんだよね。」
俺「んじゃあもらせよ。」
俺「やだよ気持ち悪いし汚いじゃん。お前代わりにしてきてよ。」
俺「いいけどお前って俺じゃん。」
俺「あそっか。はははははははは。」


がんばって生きてます。
カウントダウンジャパン3日目
がねさすがに痛いんですよ。夜通しライブはやっぱり年齢的にもちょっときつかった。まあでも楽しかったですよ。

因みにカレンダーの表紙はまだめくってません。一月中旬くらいにめくってやります。

というわけでレポ始めます。

京葉線に乗ってぼやぼやしていたらわけのわからん駅に連れて行かれそうになり急いで降りた。っつーかこの日は結構余裕を持って出てきたのにもう五時だ。スタート六時だからね、そりゃね、あせるよもういいよもう。って感じでした。

真心ブラザーズ
復活ッッ!というわけで感動もひとしお。大好きな曲「素晴らしきこの世界」でまた涙ぐんだ。最近涙もろい。あと「ストーン」「スピード」「マイ・リズム」とか。っつうか「ストーン」のさび「チンポ」「石」「チンポ」「石」「チンポ」って今日スカパーのテレビ中継はいってんだよな大丈夫かな?と思った。でもまあそうするとビークルは全面的に放送禁止になってしまうけど。あとドラマーがめちゃくちゃうまかったなあ。

エレファントカシマシ
やばい。気が付いたら回りが女の子だらけだ。なんか所在無い。エレカシって女の子にも人気あるんだなあ。あ、宮本だ。オタクくせえなあ。あれ?隣の結構かわいい子が「宮本マジカッコいい!」とか言ってるぞ。マジかよ。俺なんて音楽やっててそんなこといわれたこと殆んどないぜ。

とまあそんな感じに気をとられていたんですが、やっぱり存在感がすごかった。明らかに宮本のワンマンバンドであるのがすぐに分かってしまいアレでしたがあの存在感はどのバンドにいても消せないだろう。

それから「ガストロンジャー」のときにモッシュして俺の後ろにぶつかってきた奴の口が臭かった。歯みがけ。それから俺の耳元で歌うな糞音痴め。

その後休憩スペースでまたもや眠りに落ちる。ブラフマンがやっていた気がする。

ランクヘッド
一緒に行ったゆずちゃんがお勧めのバンド。クリスマスライブでコピバンやってんのを見た程度でよく知らなかった。でも2曲くらい聞いたことがあった。「太陽」とか。うん、いまどきこういう歌はやりそうだなあ。腹減ったメシくうか。ってことで途中で出る。

くるり
やってきましたくるりのカウントダウン。この日はほんとニューアルバムから曲をやると言うよりかはくるりのベストみたいなライブだった。「ロックンロール」「ばらの花」「ワンダーフォーゲル」「モーニングペーパー」「ワールドエンドスーパーノーヴァー」とかだった気がする。そして年越し。一発目はてる君から聞いていた「お祭りわっしょい」とかいう歌だった。

「わっしょいわっしょい、でも全然盛り上がってない。」

最後に「東京」をやってくれてすごいよかった。やっぱり感動した。それにしてもドラムうめえなあ。また外人か。

忌野清志郎
さすが大御所。貫禄十分。「トランジスタラジオ」「雨上がりの夜空に」とか生で聞いて感動した。お客さんがなんだかんだで後ろのほうまで盛り上がっていた気がする。清志郎パワー。

一時間睡眠。

BEAT CRUSADERS
相変わらずのシモネタトーク。シモネタコール。今日はドラムの人が実家帰ってしまったらしくて代打で違う人が叩いていたのですがまあ楽しさはガンガン伝わってきました。
そういえば例のコールで隣にいた女の子が小声で恥ずかしそうに

「お○んこ」

と言っていたのに少し興奮した。因みに○の中に入る文字は「し」です。

腹が減ったのでタイラーメンを食いに行った。「辛いからたくさん入れると危険」という調味料をたくさん入れて泣きながら食った。最近涙もろい。

レミオロメン
このバンドはバンプとアジカンを足して二で割ったようなバンドだろうと勝手に思っていたら演奏がうまくて面食らった。特にベース。オレンジのベースアンプを使っていた。すごいいい音してたなあ。
最近の売れセン?の中では一番生き残りそうな感じ。まあアジカンはもう限界だろうしね。

総評:今日のバンドは全体的に華があるバンドが多かった気がする。大晦日ということですかね。

3日通しての感想:楽しかったこれで一万八千円は安い。でも腹が減ったりビールを飲んだりTシャツ買ったりなんだかんだでかなり金が出るので覚悟が必要だ。

今回CDが欲しいと思ったバンド:フジファブリック、スネオヘアー(カナシミ)、くるり(NIKKI)持ってる人貸してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。